■プロフィール

YCRMS

Author:YCRMS
YCRMS測定員の日々の測定についての紹介です。
会員情報の含まれる記事はパスワードにて横浜市民測定所の年会員様限定公開にしています。
ブロとも申請は受け付けをしていません。ご了承ください。
http://www.ycrms.net/
↑YCRMS横浜市民測定所のホームページです。

■最新記事
■カテゴリ
■Twitter
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■カウンター

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
牛乳のこと②~現在の牛乳の数値の推移~
第二弾まで大変時間が経ってしまいました。

『牛乳のこと①~日本人の摂取量と福島第一原発事故が起こるまでのCs137~』
では福島第一原発以前の牛乳に含まれていた放射性セシウムについての記事を書きました。

事故後二年を経て、現在の牛乳の数値はどう推移しているのか…
みなさん気になられているのではないでしょうか?

▼ここに【福島第一原発事故による畜産物への放射能汚染について】
《東大付属牧場での試験成績:(2012.3発表)東京大学大学院農学生命科学研究科》
という報告があります。

【牛乳の放射性濃度の推移について】
放射性セシウム:飼料から牛乳に移行する。
飼料の給与停止:速やかに放射性セシウムは低下する。というものです。

詳細はリンク先をご参照ください。
つまり、牛乳から放射性物質が検出される経路は乳牛が放射性物質に汚染された飼料を摂取するということが優位と言えるのではないかと思います。

▼実際の数値を見ていきましょう。
以下は厚生労働省が発表している流通品の牛乳のデータをもとに作成したものです。
検出下限値別の検査数割合

全データ数、287件(H25.1~H25.3末日まで)。
検査結果の検出限界値別の割合、また検出数の割合を表しています。
これを見ると検出限界値が高い測定は5割を超えてはいますが低い検出限界値まで測定している自治体も多く、全体像としては参考になるのではないかと思います。
しかし、検出限界が高い測定ではそれ以下の数値が隠れている可能性は否定できません。

▼以下は検出された検査結果を抜粋して表にしたものです。

*牛乳の測定結果(H25.1~H25.3末日まで)
厚労省報道発表より検出報告のみ引用。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/copy_of_copy_of_2r98520000016378.html
流通品 検出

低い検出限界値での測定を実施している自治体の結果はとても参考になりますね。検出の産地では岩手県の割合が多く見られます。

*原乳の測定結果(H25.1~H25.3末日まで)
原乳 検出

直近の3か月では岩手県、群馬県、神奈川県からの検出がありました。
原乳でも岩手県の検出が目立っています。
ただし、岩手県は原乳も流通品もサンプル数が多く、測定も頻繁で、低い数値まで細やかに測定しています。そのため検出報告が多くなっているという側面はあるかもしれません。
積極的に情報公開することで現状を伝えようという姿勢はとても評価できるのではないでしょうか。
いずれにしても牛乳の数値は低い推移をたどっていると言えるのではないかと思います。

これまで自治体の発表する牛乳、原乳の測定結果を見てきました。
自治体や国の結果は大きな傾向を捉えるためにはとても重要なものです。
しかし、消費者目線、お買い物をするお母さん目線で見るとメーカーやLotNo、詳細な産地までは公表されていないですね。せっかく精度の良い測定器で測定してくれているのにもったいない気がします。
スーパーで手に取る際の安心がなかなか得られない理由の一つかもしれません。

▼こちらは【日本乳業協会の原子力発電所事故による牛乳・乳製品への影響に関して】
で紹介されているQ&Aの一部です。
日本乳業協会
このQ&Aから見えること。

●生乳が混合して使用されるので自治体での原乳の数値が製品化した牛乳に反映されないこともある。
混合する地域の原乳に含まれる放射性物質の量によって牛乳の放射性濃度は変化すると思われるため、一度の測定で牛乳の放射施濃度を確定することはできない。
●工場の所在地が表示義務であるため、一部の産地限定の牛乳を除いては問い合わせをしなければ産地の特定ができない。また、混合の産地となると産地別の原乳の割合まで特定することは困難である。

こういった側面からも消費者は牛乳に対する不安が拭えないのではないでしょうか。
もちろんSrなど別の核種への懸念も不安材料の一つではないかと思います。
その結果、産地を選んで購入、小学校や幼稚園、保育園では水筒にといった防御策を判断されている方が多いのかもしれません。
給食では継続して飲用するので慎重になるのは当然だと思います。

市民測定所では自治体の全体的な傾向も情報として捉えながら、食卓に近い製品での測定の充実、情報公開をしていくことがとても大切であり、存在意義なのではないかと思っています。
ただ、これまでご報告してきた低い数値の測定となるとやはり、自治体の持つゲルマニウム半導体機器のような精密な機械での測定が重要となってきます。
市民測定所でも所有されている所もありますので利用いただくこともいいと思います。

私たち横浜市民測定所ではNaIシンチレーションカウンターの測定ではありますが牛乳を加熱し、水分を少なくして濃縮の割合を高めることで少ない数値でも検出の有無を確認してみませんか?という取り組みをしています。

【6L濃縮牛乳無料測定を募集します!!】
http://www.ycrms.net/booking/concentrate_milk

▼こちらは横浜市民測定所での牛乳の測定結果です。
横浜市民測定所データ
サンプル数がそれほど多くはないのですが検出が報告されている測定結果をまとめています。
濃縮して測定した結果が見て頂けると思います。
このような小さい数値になってくると数値自体の信頼性はあまりないということになってはしまうのですが...
これまでにご紹介している【オレピークサーチ】の活用、
機器の検出結果を鵜呑みにせず、さらに分析チームのスペクトル分析などで結果の検証を行なっています。


*こちらは上記測定結果H24.8.10の群馬県産牛乳のオレピ画像です。

IA-0810-1_1.jpg


Cs134,137の検出を表す三つの山が確認できていますね。分析結果にも反映されています。

幼稚園や保育園などの牛乳が気になるの...という方、交渉の資料にしたいけどゲルマは敷居が高くて...という方、一度濃縮牛乳の測定をされてみてはいかがでしょうか?
その際、上記でもご説明しましたが何か月かに一度定期的に測定されることをお勧めしています。

横浜市民測定所では測定サンプルを増やすことでみなさんにも現在流通している牛乳がどのようなデータの推移をたどっているのかをお知らせできればと思います。
そのためにはやはり測定検体の充実が大きな力となります。
測定をするのは私たちですが測定を依頼して下さる皆様のご協力で測定結果の蓄積ができるものと考えております。

ぜひ、ご協力をお願いいたします。

今後も情報収集を広く行い、皆さまに活用していただけるよう努めてまいります。
よろしくお願いいたします。

測定員H


スポンサーサイト
牛乳 | 07:33:31 | コメント(0)
牛乳のこと① ~日本人の摂取量と福島第一原発事故が起こるまでのCs137~
チェルノブイリではひどく牛乳が放射能に汚染されて、子供たちは甲状腺障害に苦しむことになりました。このことは私たちの意識に大きく刻まれています。
そして今回の福島第一原発事故直後、原乳においては出荷制限の対応もとられました。

現在、原乳の出荷制限がされている地域(厚労省11/30発表)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001a3pj-att/2r9852000001a3rg.pdf
他の農産物も出ていますので全体の傾向など分かると思います。参考にしてくださいね。

これらの事象をふまえて原発事故後一切牛乳を飲んでいない、産地を選んで飲んでいる、さらに嗜好品程度に摂取している、給食の牛乳だけはやめている、様々な選択肢の中で自分たちの許容基準を設けてみなさんがこの問題に向き合われていることと思います。

現在の牛乳に含まれる放射性物質を考える前に少し考えてみましょう。
さて….日本人ってどれぐらいの牛乳を毎日飲んでいるのでしょうか?

鞫ょ叙驥冗央荵ウ17_convert_20121203194802
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/dl/h22-houkoku-07.pdf

1~6歳を基準に摂取量の多いものからグラフ化してみました。
これによると1日の乳類の平均摂取量は1~6歳で約200g、7~14歳では約300g、これらは1日の食事摂取量の約17%ちなみに20歳以上では約85g1日分の約4%でした。
子どもの乳類の摂取が多いことが分かりますね。

さらに米・加工品や果実類、小麦加工品なども摂取量が多いですね。
果実は放射性セシウムを吸収しやすいですし、小麦も事故初年度は高い数値を検出したものもあり、現在加工品として流通しています。こちらも合わせて気をつけていく必要がありそうです。

それでは福島第一原発事故が起こるまで私たちが摂取していた牛乳には放射性物質は含まれていなかったのでしょうか?

次のグラフはそれぞれ全国における生乳中のCs137の最大値と平均値の経年変化を表したものです。

險亥ケエ鞫ょ叙_convert_20121203194837
日本分析センター 環境放射線データベースより
http://www.kankyo-hoshano.go.jp/kl_db/servlet/com_s_index

1940年代から行われた核実験が一番盛んだった1960年代の生乳の値がとても高いことに驚きます。現在の40代半ばから70代の方達が幼かった頃になりますね。

次に上のグラフを具体的に説明したフローチャートを見てください。

繝輔Ο繝シ繝√Ε繝シ繝・convert_20121203194908

環境放射線データベースの解析では1990年代半ばから生乳中のCs137は平均値0.05Bq/kgまで減少していたことが分かります。0ではなかったということになります…

福島第一原発が起こった2011年、Cs137は最大値、平均値ともに上昇していますね。ここでは表されていませんがCs134も当時は同量程度、存在していたことになります。
全体像を見ると前年度の2010年までの平均値0.05Bq/kgを超えていたものは検査対象58件中7件に留まっていますので地域によって結果が大きく異なるということが推測できます。

参考にしたいのはやはりこれまでの平均値ということになると思います。

事故直後の出荷制限、新基準値、それに伴う飼料の改正によって現在の牛乳に含まれる放射性濃度は減少してきています。
しかし、まだ検出が続いている地域もあります。
私たちはここで福島の原発事故が起こる前の生乳にCs137がどれだけ含まれていたのかを知ることができました。

子どもは牛乳が好きですね(摂取量)。給食の牛乳は比較的同じ銘柄のものを飲みますね(継続性)。

私たちは自分たちで最新のデータを読み、情報を集め、摂取する量や継続性を考えて判断していくということが重要になってくると思います。

次回以降は最近の牛乳のデータや飼料のことに触れていきたいと思います。
また、資料集めの日々です!(^^)!
しばらくお待ちくださいね。



牛乳 | 20:06:31 | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。