■プロフィール

YCRMS

Author:YCRMS
YCRMS測定員の日々の測定についての紹介です。
会員情報の含まれる記事はパスワードにて横浜市民測定所の年会員様限定公開にしています。
ブロとも申請は受け付けをしていません。ご了承ください。
http://www.ycrms.net/
↑YCRMS横浜市民測定所のホームページです。

■最新記事
■カテゴリ
■Twitter
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■カウンター

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ぎんなんの測定と行政数値のまとめ
先日、群馬県産のぎんなんを東林間の高岡さんが測定しました。
初めは、殻付きのまま1Lマリネリに入れての測定です。
結果は以下
------------
測定No.:H-1119-1_2  H24年度群馬県産 殻付き
合計Cs:8.28Bq/Kg 測定時間:36050秒 重量:720g
Cs-137: 4.17±1.16 Bq/Kg
Cs-134: 4.11±1.09 Bq/Kg
------------

l_8cdb90376dd32ff3d8eb508eed36436704bf969b_convert_20121123181652.jpg

今、約8Bq/kg、、、殻を剥いて、、、
中身だけで1Lマリネリ一杯にしたら、殻付きの場合とどれぐらい数値が違うのか?
そう思った高岡さんは、ペンチで1粒づつ割る作業を始めました。

l_8d0ee2b47e40ce3250b16da501209c6fb5f6e5ae_convert_20121123181737.jpg

皆さん、想像して下さい!生の「ぎんなん」を1つ1つペンチで割り、殻から取り出す作業を500個以上…
(本当にお疲れ様です!)

l_f1950801ac361e86a20e0e50031c70f5ee891c47_convert_20121123182244.jpg

そして「完全な可食部にしたい」と思った高岡さんは、次に薄皮を剥き始めました!!!
ぎんなんを調理された方は、ご存じだと思いますが…薄皮って中々剥けないですよね!
茹でて、水で流しながら、爪楊枝で引掻きながら、、、10個剥くのにも苦労するのですが、それを500個以上!
(測定の為、水を使う事も出来ませんし…)
途中で、ガムテープの粘着部分を以下写真の様にして、コロコロしたそうです。
「これは、なかなか良い方法!上手くいったよ~でもガムテープ半分も使った!」とのことでした~

A8IDTXKCIAIqVMu_convert_20121123181812.jpg

l_c781b66eccb498ebd8956dfebc4b4a54918d9d1a_convert_20121123181852.jpg

殻を割って、薄皮を取って、フードプロセッサーにかけて
1Lマリネリに入れから、発酵対策のためにビニールを被せて、測定をしました。
結果は以下です。
-------------
測定No.:H-1121-1_2  H24年度群馬県産 殻、薄皮剥き
合計Cs:8.93Bq/Kg 測定時間:5400秒 重量:1239g
Cs-137: 4.52± 1.49 Bq/Kg
Cs-134: 4.41± 1.35 Bq/Kg
-------------
※今回の結果は、殻付き、中身だけ、数値的には違いは少ないようです。
「スクリーニング目的だったら、殻付きでも十分な値が得られる。」と、高岡さんに言われてました~
家のぎんなんを測って欲しい!と思っている方の参考になりますね!

********行政数値のまとめ**********

厚生労働省発表・食品中の放射性物質の検査結果について(第527報)11/21公表
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002p9ot-att/2r9852000002p9sm.pdf千葉県が測定した群馬県のギンナン(流通品)からもCs合算で9.5Bq/kgが検出されています。

以下、厚生労働省発表の「食品中の放射性物質の検査結果について」
(http://www.maff.go.jp/noutiku_eikyo/mhlw3.html)
から24年度のギンナンの検査において数値が検出されたものだけを以下URLにまとめています。(検査をしていない自治体もあります。)
https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0AsMVTw1YRig-dFJPOXZPaGtvOWRPa3lQZk5UaHE5dGc

事故初年度と比較して数値の減少はありますが依然として大きな数値が出ているものもあります。
また、同じ市町村であっても値は検出せず~数Bq/kg、数十Bq/kgと幅が大きくなっています。
詳細については各自治体のHPからご確認ください。
その際、発表されている測定結果の検出下限値も合わせてご注視ください。

24年度の栗についてもやはり同じように数値が検出され続けています。
チェルノブイリの事故後も長期に渡ってナッツ類の放射性物質が検出されていた報告もありますので似たように木に実をつける食材のデータや今後の経年変化にもご注視ください。

秋の味覚で口にする機会もあると思います。
今回測定されたものは1239gで生のぎんなん1つが約2.3g程度になります。計算上1Lで538個あたりの測定結果になります。
摂取される個数なども考慮して数値についてのご自身の判断の参考にしていただけたらと思います。

****************
※ぎんなん1つあたりの重さは、こちらのURLから引用させて頂きました。http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/konomi/ginnnan.html


スポンサーサイト
ぎんなん | 17:08:43 | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。