■プロフィール

YCRMS

Author:YCRMS
YCRMS測定員の日々の測定についての紹介です。
会員情報の含まれる記事はパスワードにて横浜市民測定所の年会員様限定公開にしています。
ブロとも申請は受け付けをしていません。ご了承ください。
http://www.ycrms.net/
↑YCRMS横浜市民測定所のホームページです。

■最新記事
■カテゴリ
■Twitter
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■カウンター

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『ランチ会への思い』
ランチお話会にお申し込みいただきました皆様、ありがとうございます!

初の試みでドキドキですが、みなさまとお会いできることを本当に楽しみにしております。
当日、どうぞお気をつけてお越し下さい。

他方で、今回地産地消のレストランを会場として使わせていただくにあたり、「汚染地域である関東の食材を使用していることが心配」というご意見もいただきました。
ご心配、大変ごもっともだと思います。ご意見真摯に受け止めたいと思います。

私たちが住む関東圏が汚染地域である事は間違いなく、大変残念なことです。
その中で、私たち消費者と同じく、生産者の方々も大変な苦難に立たされています。
このような状況をもたらした原発という技術をこれからは決して使ってはいけないと痛感します。

このたびのランチお話し会は、放射能汚染に危機感を持っている方々との交流という目的ですが
私達の声を世間の一般の方にも少しずつ伝えていく事ができればという希望もあります。

地産地消という取り組みは、放射能ももちろん、農薬や化学肥料など、農作物の安全を顔の見える関係で確保するためにも、大変重要なものです。
たとえ放射能汚染がなくても、大量生産・流通している食材の中には、食べる人の健康を考慮しているとは思えない作り方をされているものがあるのも事実です。

私たちは測定を通じて、放射能汚染を確認することはできますが、市場流通品のすべてを測定することはできません。

食の安全を作っていくためには、日本の各地域で、生産者と消費者が顔の見える関係でつながり、お互いを意識した生産や消費を行っていく事が大変重要になっていきます。

幸いにして、神奈川の食材は選択によって放射能汚染の低いもの、全くないものを選ぶことが可能です。また、今後も汚染を押さえるために、農法や堆肥への注意を続けていく関係を作っていくことも重要です。

レストランの方とは、このようなお話しまでさせていただきながら、今回のランチ会を企画させていただきました。

レストランでご提供する食材については、もちろん、横浜市民測定所で測定し、NDを確認したプレートになる予定です。
地産地消の農作物は生育状況により収穫が不確定ですので、事前にはっきりとメニューを決めることはできませんでした。

このため、メニューの詳細や測定結果を公開しての募集を行えなかったことを、ご了承ください。
レストランの食材についての詳細は、ぜひ当ブログの『ランチお話会』…詳細①をご覧ください。


『ランチお話会』…詳細①にも掲載しておりますが、下記のような測定スケジュールを考えております。
~~~~~~~~~~~~
お米は10時間測定、野菜/豚肉は2時間測定を考えています。
検出下限値は測定状況により異なりますので、
1/22(火)に測定結果、メニューと共に、このブログにて公開いたします。

野菜の生育状況が読めるのは、早くても開催の1週間前と言う事で、、、1/18(金)に食材を頂くことになりました。
スケジュールは、以下です。
1/18(金)~1/21(月)までが測定予定
1/22(火)メニュー公開、測定結果公開
1/23(水)PM2時に予約受付終了
1/26(土)ランチ会 当日
~~~~~~~~~~~~

ご参加をご検討いただけましたら幸いです。

今後とも、食の安全を確認し、作り上げていく測定の作業がこれまで以上に求められる事と思います。
どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

ボランティアスタッフT
スポンサーサイト


お知らせ | 14:45:07 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。