■プロフィール

YCRMS

Author:YCRMS
YCRMS測定員の日々の測定についての紹介です。
会員情報の含まれる記事はパスワードにて横浜市民測定所の年会員様限定公開にしています。
ブロとも申請は受け付けをしていません。ご了承ください。
http://www.ycrms.net/
↑YCRMS横浜市民測定所のホームページです。

■最新記事
■カテゴリ
■Twitter
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■カウンター

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東林間測定室の出した「不検出」
随分前ですが、
測定中に、座間の農家のお兄さんが育てられた落花生の測定結果を聞きにいらっしゃいました。
座間生産者向け測定所で測定した際Cs137のみ検出され、東林間測定室がチェック依頼されたもので、エタノール添加処理を施してあります。

東林間測定室の高岡さんのだした結果は
Cs137: ND(<0.83bq/kg)
Cs134: 0.37bq/kg    絶対誤差±0.50bq/kg  統計誤差>100%
となり、
ピークの確認はできません。

ちなみに横浜市民測定所オリジナル解析プログラム、オレピークサーチ、略してオレピ*(注)
にかけても同じくCs特有のピークはみられません。
▼下の画像は、上記結果を「オレピークサーチ」で分析したスペクトル図になります。
無題

「不検出」の結果を見つめて、「あーよかった、あーよかった。」と何度もほっとしたようにお兄さんがつぶやいているのをみて、ほんとによかったなぁ、とこちらも少し胸が熱くなりました。

普段測定で、この食材は測っても出ないよ、なんて(いっちょ前にも)思うこともあったのですが、
食の安全に日々配慮されて、誇りをもって生産されている方にしてみれば、ご自身の努力の賜物である作物にセシウムが検出されたかそうでないかは、実に切実な問題です。

特に東林間測定室のある自然食品販売店チャンプールでは、納品する生産者も有機栽培で食の安全を目指す尊い志を持たれている方が多いので、なおさらです。

東林間測定室の出した「不検出」。
これは巷に検出下限が10bqや20bq/kgで不検出判定としてしまうものがあふれている中、
そういったものとは一線を画している、世間に胸を張れるギャランティーだと思います。

食べる人の安全に配慮し、
手塩にかけて育てられた作物につけられた高岡さんの執念の「不検出」。
個人的には「安心安全」の大きな金印のシールを貼って売って欲しいと思いました。

残留農薬、ポストハーベスト、遺伝子組み換え食品、食品添加物、etc..様々な危険をはらんだ
食品に取り囲まれながらも、子どもには安心安全な食べ物をと選んで生活していたところに起きた原発事故。

放射能は福島近辺だけでなく全世界に撒き散らされてしまいました。

安心できる食べ物はもう手に入らないのか、、、と悲嘆に暮れたこともありましたが、現実としっかり向き合い、地道に対応されている方々がこんなにも身近にいらっしゃっるのかと、心強く、感謝の日々です。

そんな高岡さんのご協力で横浜市民測定所の測定も行えています。
オレピもなんとか使い、AT君の特性を生かしつつ、不検出を願いながら、正確な測定にいそしみたいと思いました。

*注: オレピークサーチ、略してオレピは、横浜市民測定所の分析スタッフが独自に開発した解析プログラムです。これにより、ATOMTEX付属のソフトでは不検出(ND)となるような、ごく微量の放射性物質の存在を推測したり、天然核種の影響を見分けたりすることができます。

オレピークサーチについては、こちらのブログもぜひご覧ください↓
「測定員の部屋-YCRMS測定所内勉強会」

測定員 M.Y
スポンサーサイト


日々思うこと… | 17:59:54 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。