■プロフィール

YCRMS

Author:YCRMS
YCRMS測定員の日々の測定についての紹介です。
会員情報の含まれる記事はパスワードにて横浜市民測定所の年会員様限定公開にしています。
ブロとも申請は受け付けをしていません。ご了承ください。
http://www.ycrms.net/
↑YCRMS横浜市民測定所のホームページです。

■最新記事
■カテゴリ
■Twitter
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■カウンター

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドイツ産*ブルーベリージャム
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!
今日は、測定員Mより、会員特典の測定結果速報メールの内容についてご紹介します。
皆さまにいち早くお知らせしたい測定結果が出た場合、関連事項の簡単なレポートと共に、タイムリーに配信させて頂いています。測定結果を受けて調べた事を文章にまとめ、翌日には配信するという作業はとても大変ですが、みなさまに早くお知らせしたい気持ちから頑張っています。(夕方以降に調べて、翌日までにまとめます。昨夜は夫とPCの取り合いをしました。)


【お知らせ 速報3/15】
3月14日に当測定所で測定した食品から以下の数値が検出されました。
基準値内ではありますが比較的高い数値と判断しご報告いたします。
測定結果については半減期の短いセシウム134が検出されず、セシウム137のみの検出であることから、チェルノブイリ原発事故の際のフォールアウトに起因すると考えられます。

【流通品】 原産国名:ドイツ  名称:ブルーベリージャム 
※商品名、メーカー名、賞味期限、 購入店、購入日、輸入元、パッケージ写真、
電話問合せ内容は会員情報となりますのでご了承ください。
    
Cs-137     22.2±4.6Bq/kg (統計誤差6%)
Cs-134     ND(検出下限値 <1.58Bq/kg)
重量        1356g
測定日      2013.3.14
測定時間    3600秒

※3/14に同検体において当測定所内で別のAT1320Aの測定器でのクロスチェックを行いましたが同程度の結果を得ました。

ブルーベリーについて  wikipedia より http://bit.ly/WKIlxK  
北アメリカ原産のツツジ科スノキ属の落葉低木果樹。
北米大陸で栽培される野生種に近い品種は数十cm程度の低木である。
酸性で水はけが良い土壌を好み、根が浅い。
ツツジ科スノキ属には、先日お知らせを配信したコケモモの他にもクランベリー、ビルベリー、
ハックルベリーなどがある。

チェルノブイリ原発事故後には370Bq/Kgという輸入基準値が日本で設定されていました。福島第一原発事故1年後の、2012年4月より一般食品の基準値は100Bq/Kg まで下げられました。これまでは表面化しなかったが、チェルノブイリ事故により汚染された欧州からの輸入食品が見つかってきています。

以下の表は、2012年4月以降に新基準値100Bq/kgを超えたブルーベリージャムの数値です。
厚生労働省:輸入時における違反事例速報(平成24年度) http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/ihan/
輸入規制
欧州では26年経ってなお(現在セシウム137はほぼ半減している)基準値を超える放射性セシウムがブルーベリージャムから検出されています。
外国産の食品購入の際は、販売会社の国だけでなく材料の原産国を選ぶことがセシウム摂取をコントロールする上で重要になると思います。

ところで、ブルーベリージャムは加熱によって濃縮されるのでしょうか?砂糖などの添加により薄まるのでしょうか?

福島農業センターの技術情報『果実における放射性セシウムの分布と加工による変化』
http://www4.pref.fukushima.jp/nougyou-centre/kenkyuseika/h23_radiologic_seika/h23_radiologic_13.pdf  
によりますと、
『ブルーベリーのジャム加工では砂糖等の副材料を加えるため加工後のCs濃度は原料と変わらない。』という結果でした。ジャムだからセシウム値が高く出るのではない様です。

では、日本のブルーベリーのセシウム値はどれくらい出ているのか?
参考までに調べてみました。農林水産省:品目別*ベリー類より抜粋http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/s_chosa/hinmoku_kekka.html 
宮城県栗原市と福島県田村市で基準値を超える値が検出されています。
セシウム合計で色を付けてみました。
30Bq/kg以上:水色 、50Bq/kg以上:ピンク、100Bq/kg以上:オレンジ
無題
※検査法の「Ge」とは、ゲルマニウム半導体検出器になります。Wikipedia半導体検出器➔ http://bit.ly/10OmX8t 

前回すでにお伝えしました通り、ブルーベリーの汚染は長期に及ぶと予想されています。
また、汚染された加工食品は全世界に流通しています。
摂取をコントロールするには、ご自身の中で風化し忘れてしまわない様に心がけることが大事です。
福島第一原発事故後、放射性物質を摂取しない目的で海外食品を今までよりも多く買い求めたり、福島第一原発事故以前はセシウムが入っていると思わないで食べていた方もいるのでは?と思います。
今回の測定結果はご自身の判断材料としていただけたらと思います。

何か気になる海外食品がありましたら、これを機会にぜひ測定所にお持ち込みください。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

                                    横浜市民測定所

内容はどうだったでしょうか?まだまだ至らない点もあるかと思いますが、みなさんから求められる情報を正確にお伝えできるように、日々努力していきたいと思います。
もしよかったら、会員になって私たちの活動を末長く応援して頂ければと思います。

測定員M
 
スポンサーサイト


測定結果 | 15:12:03 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。