■プロフィール

YCRMS

Author:YCRMS
YCRMS測定員の日々の測定についての紹介です。
会員情報の含まれる記事はパスワードにて横浜市民測定所の年会員様限定公開にしています。
ブロとも申請は受け付けをしていません。ご了承ください。
http://www.ycrms.net/
↑YCRMS横浜市民測定所のホームページです。

■最新記事
■カテゴリ
■Twitter
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■カウンター

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
りんご濃縮作業
皆様 こんにちは! 測定員Aです!

寒い日も増えて参りました。いかがお過ごしでしょうか?

当測定所ではご依頼者様からの検体を測定致します他に自身のシフト日に時間が許せば自主測定が認められ、
自身の気になる食材 等も測定し測定結果として皆様にお届けしております。

先日シフト日に測定所に入る前に自主検体の選定の為立ち寄った果物屋さんで気になる果物がありました。

「福島県のくだもの」と記載のある箱に美味しそうなりんごが入っています。

りんごと言えば青森県産 !ですが、福島県産ってあまり見かけないような・・・。

16個入りの箱売りとなっていて少し多いかなと思いつつ一箱購入しました。



果物屋さんに産地をお聞きしてみました。箱には福島県とあるもののそれ以上はわからないとの事です。

「でもね、アレはちゃんと検査してあるから安心して大丈夫よ。」と、

アレ?って放射能検査の事かなー⁈

と、思いつつ購入します。

測定所まで徒歩圏内。他に自主検体を持参しておりましたのでりんごを箱ごと抱え、他の荷物と共に歩きました。

なんとか測定所まで辿りつき測定の準備をします。

16玉のりんご一つ一つ重さを量ってみました。平均で一つ約300g。

なんと全部で5181g・・・( ̄▽ ̄)

検体量不足はイヤなのでいつも多めに買うのですが、いくらなんでも多いですね!

もう濃縮しかありません。

そこで、皮を剥き芯を取り除いてみます。

この時点で4161g。

キッチンはりんごだらけです。

フードプロセッサーにかけフライパンで加熱・濃縮にトライします。

☆濃縮前☆


徐々にりんごの水分が飛びアップルパイの様な良い匂いがして来ます。が、量の多さに本当に濃縮出来るのかすこーし弱気になっています。

☆濃縮後☆
GetAttachment2.jpg

この頃になりますと、焦げくさく換気扇全開にも関わらず測定室中が煙たくなって参りました。

あわてて換気。

その場にいた測定員Yさんは寒いと上着を着込みます。

(本当にゴメンなさい^^;)

2〜3時間はフライパンの中のりんごとにらめっこしたでしょうか?



4161g→1059gへ濃縮完了。測定となりました。

濃縮作業は大変なんだとしみじみ感じました。


【11/27測定結果】

検体産地:福島県福島市産

品種:サンふじ

測定時検体状態:皮なし 芯なし 加熱 4161g→1059gへ濃縮

重量:1059g

測定時間:3600秒

Cs-137 13.1±3.3 bq/kg

Cs-134 6.99±2.09 bq/kg

………………………………

Cs合算 20.09±5.39 bq/kg

今回の測定では4161gのりんご可食部を水分を飛ばす事により1059gへ濃縮致しました。
濃縮前の濃度は濃度後の測定値を1059/4161倍すればよい事になります。

「濃縮前の濃度」

Cs-137 3.33bq/kg
Cs-134 1.79bq/kg
……………………
Cs合算 5.12bq/kg


りんご一個当たり約1.33bqの計算になりますね。

Cs比(Cs-134/Cs-137)は0.53です。福島第一原発事故由来の放射性セシウムの場合、11/27の時点でのCs比は0.4292。統計誤差も考えますとこのりんごに含まれる放射性セシウムは福島第一原発事故由来と考えてよさそうです。
スポンサーサイト


レポート | 08:35:30 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。