■プロフィール

YCRMS

Author:YCRMS
YCRMS測定員の日々の測定についての紹介です。
会員情報の含まれる記事はパスワードにて横浜市民測定所の年会員様限定公開にしています。
ブロとも申請は受け付けをしていません。ご了承ください。
http://www.ycrms.net/
↑YCRMS横浜市民測定所のホームページです。

■最新記事
■カテゴリ
■Twitter
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■カウンター

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「お味噌パウダー?〜それで結局どうだったの編」
さてさて2回に渡り、お伝えしてきましたお味噌の測定です。

検体は2倍濃縮とはいえycrmsの分析ツールでCs-134 Cs-137共にピークが確認出来て、さらにクロスチェックをして頂いたところやはりCs-134 Cs-137合算で2.73Bq/kgと定量されてしまいました。


つまり福島第一原発事故由来による汚染があると考えられます。


しかし、初回の使用されている原材料の問い合わせでは、


大豆:H22年度産 青森県 

米:アメリカ産

との事でしたが、クロスチェックの結果を受けて再度お問い合わせをさせていただきました。


大豆:アメリカ、カナダ

米:アメリカ 9割

国産 1割 (詳細は不明)

との回答をいただきます。


「うーん(´・_・`) おかしいなー。。。」


初回にお問い合わせ時とは少しご回答が違っていますね。

そうなると米:国産 1割。こちらの詳しい産地が、気になりますから詳しく調べていただけるようにお願いを致しました。


その日の夕方、、、

先方よりお電話をいただきました。


大豆:H24年度産 宮城県 

米:アメリカ産

上記原材料を、この検体には使用されている。

また、今回は賞味期限やロットの違いにより原材料の産地が違ってしまうので初回の問い合わせ時とは回答が違ってしまったのでしょう。

とのことでした。


横浜市民測定所では会員さんへのみですが、検体の詳細情報をお知らせしています。

その詳細情報は測定を担当した測定員さん達が電話などで問い合わせをすることもあります。

この問い合わせがそのまま検体の詳細情報として出てしまうものですから、いつもとーっても緊張していまして(・_・; しどろもどろになってしまう事も多いです。


(電話でも人見知りしてます。。。)


測定をするだけでなく、このようにお話をお聞きすることも大切なことなんだなーってまた勉強になりました!

こんな感じで、今日も測定業務に励みたいAなのでした!


いつもいつもドタバタしていますけどずーっと続けられたらいいなー^ ^







スポンサーサイト


レポート | 17:35:18 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。