■プロフィール

YCRMS

Author:YCRMS
YCRMS測定員の日々の測定についての紹介です。
会員情報の含まれる記事はパスワードにて横浜市民測定所の年会員様限定公開にしています。
ブロとも申請は受け付けをしていません。ご了承ください。
http://www.ycrms.net/
↑YCRMS横浜市民測定所のホームページです。

■最新記事
■カテゴリ
■Twitter
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■カウンター

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
朝日新聞掲載記事について
今朝(3月11日)、朝日新聞に掲載された記事について、書かせていただきます。

Asahi311_01.jpg


まずは、訂正。
言葉足らずだったようで、横浜市民測定所は共同代表なのですが、私一人で立ち上げたようになってしまってます。事実と違うので訂正します。

取材受けるたびに、こちらの思いをちゃんと文字にしてくれるのか?毎回ドキドキするのですが、話をした内容のどこの部分を使うか、また使わないかで、だいぶ印象が変わってしまいます。記者さんがどういう記事を書きたいかっていうのもあるのかも知れません。
今回はお伝えしたかった内容と随分異なる内容となっていましたので、ブログでお伝えさせていただきます。

私がお話した中で一番大事な部分は、

・チェルノの汚染が残っているくらいセシウム137の半減期は長く、食材によっては放射性物質を取り込みやすい性質のものがあり、生き物であれば生物濃縮も起こります。長く汚染が続くものがあるので、監視し続けないといけない。

・厚労省や自治体の測定はゲルマですし、うちとは比較にならないほど多くの品物を測っていて、非常に参考になるものですが、震災当初、当時の政府の対応が私たちの信頼を無くしたので、市民が測り続けて監視するということに意味がある。

ということでした。
また、今どんな食材を注意しなければいけないかや、そのまま流通せずに加工品になるものもあるかも知れないというお話もしました。
これらが省かれた結果、「NDばっかりだし、ふくいち前から食べてたんだから大丈夫」
という印象なっちゃってます(泣)

ちがーーう

例えば、私達が測定した輸入品には100ベクレル超えるものなどが見つかっています。
チェルノ由来だろうが核実験由来だろうがどこ由来だろうが、汚染が高いものはリスクがあります。
そういったものも監視しなくてはいけません。

測定員になって実際に測ってみて、勉強もして、測定の限界も知りました。
1ベクレル以下はNaIはもちろん、ゲルマの機種や測り方にもよるけど、どんなに追い求めても無理なレベルがあります。
恐らく0.00001とかいうレベルなら、北半球のほとんどのものが汚染されてるんじゃないかと思うようになりました。
核実験で汚染されたものなど、1960年代に生まれた私はいろいろ知らずに食べてきたと思います。
測定器で測定してもわからないようなレベルのものは、仕方ないなーと思うようになりました。
また、測定して3ベクレル程度汚染してるなーとわかっても、滅多に食べないものや、食べる量が数グラムだったりすれば、1キログラムあたりの3ベクレルだから、私個人の感覚として、ま、いっかと思っているわけです。

ただ、これ測定員一人一人でも少しづつ感覚が違います。
1ベクレルでも汚染がはっきり確認できれば、やはり子どもには食べさせたくないと思う測定員もいます。
これは、あくまでも個人個人が考える基準であって、何が正しいとか間違っているとか言えることではありません。
低線量の内部被ばくについては「しきい値」がないのが世界の常識で、ここまでなら安全といえる基準が存在しないのです。
私個人が参考にさせてもらっているのは、「ドイツ放射線防護協会が放射線リスク最小化のための低減」です。
「評価の根拠に不確実性があるため、乳児、子ども、青少年に対しては、1kgあたり4Bq以上の基準核種セシウム137を含む飲食物を与えないよう推奨されるべきである。
成人は、1kgあたり8Bq以上の基準核種セシウム137を含む飲食物を摂取しないことが推奨される。」

横浜市民測定所が基準を示している訳ではありません。あくまでも私個人が参考にしているものです。

それから、
「不検出でも続けることに意味」・・・・・・・
って大きく書かれると、それもちょっと違ってくる(泣)
不検出の結果がたくさん出ても、それは安心して買えるものが確認できたということなのでいいんです。
という話をしました。間違ってないんだけど、こうも印象が変わるとは・・・

「もう安心」だったら、自分の時間を割いて頑張って続けたりしないよ!

測定所を立ち上げる前の活動についても、聞かれたので答えて紹介されていますが、もうそんなことはどうでもいいんです・・・・
今、「横浜市民測定所」がどういう活動をしているか?なぜ続けなきゃいけないのか?何を知って欲しいのか?
伝えたかったし、もっと取り上げて欲しかった。
それに、ちょうど4期目突入だし、宣伝できたらいいなって(爆)

実際に測定した結果を知らずに、ただなんとなくあれもこれも怖いと思って暮らし辛くなっている人には、測定した結果を知って判断して欲しい。
未だに食品に線量計を当てて、汚染があるとかないとかって情報も出回っています。
それは、測る方法が間違ってるよ!と知ってほしい。
ちゃんと知って、正しく怖がって欲しい。
そう思うんです。

測定員Y
スポンサーサイト


未分類 | 15:43:09 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。