■プロフィール

YCRMS

Author:YCRMS
YCRMS測定員の日々の測定についての紹介です。
会員情報の含まれる記事はパスワードにて横浜市民測定所の年会員様限定公開にしています。
ブロとも申請は受け付けをしていません。ご了承ください。
http://www.ycrms.net/
↑YCRMS横浜市民測定所のホームページです。

■最新記事
■カテゴリ
■Twitter
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■カウンター

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
会員 秋の味覚測ってみたよ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


レポート | 17:10:17
検体リクエストから。。。
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


レポート | 10:30:12
「お味噌パウダー?〜それで結局どうだったの編」
さてさて2回に渡り、お伝えしてきましたお味噌の測定です。

検体は2倍濃縮とはいえycrmsの分析ツールでCs-134 Cs-137共にピークが確認出来て、さらにクロスチェックをして頂いたところやはりCs-134 Cs-137合算で2.73Bq/kgと定量されてしまいました。


つまり福島第一原発事故由来による汚染があると考えられます。


しかし、初回の使用されている原材料の問い合わせでは、


大豆:H22年度産 青森県 

米:アメリカ産

との事でしたが、クロスチェックの結果を受けて再度お問い合わせをさせていただきました。


大豆:アメリカ、カナダ

米:アメリカ 9割

国産 1割 (詳細は不明)

との回答をいただきます。


「うーん(´・_・`) おかしいなー。。。」


初回にお問い合わせ時とは少しご回答が違っていますね。

そうなると米:国産 1割。こちらの詳しい産地が、気になりますから詳しく調べていただけるようにお願いを致しました。


その日の夕方、、、

先方よりお電話をいただきました。


大豆:H24年度産 宮城県 

米:アメリカ産

上記原材料を、この検体には使用されている。

また、今回は賞味期限やロットの違いにより原材料の産地が違ってしまうので初回の問い合わせ時とは回答が違ってしまったのでしょう。

とのことでした。


横浜市民測定所では会員さんへのみですが、検体の詳細情報をお知らせしています。

その詳細情報は測定を担当した測定員さん達が電話などで問い合わせをすることもあります。

この問い合わせがそのまま検体の詳細情報として出てしまうものですから、いつもとーっても緊張していまして(・_・; しどろもどろになってしまう事も多いです。


(電話でも人見知りしてます。。。)


測定をするだけでなく、このようにお話をお聞きすることも大切なことなんだなーってまた勉強になりました!

こんな感じで、今日も測定業務に励みたいAなのでした!


いつもいつもドタバタしていますけどずーっと続けられたらいいなー^ ^









レポート | 17:35:18 | コメント(0)
お味噌のパウダー?〜Geでクロスチェック編〜
さてさて、前回濃縮したお味噌パウダーをクロスチェックして頂く日がやって参りました(*^^*)

7月某日。測定員Yさんと、ついにお伺いしてきました。

NPO法人 新宿代々木市民測定所^ ^


こちらにお伺いするのは初めてです。Aは結構な人見知りですのでとーっても緊張しておりましたが、測定員Yさんもご一緒してくださったしなにより新宿代々木市民測定所の桑野さんが暖かく迎えてくださいました!

Misocro_1.jpg


(*^^*) 優しそうな方です〜。

Geを実際に見れる機会はなかなかありません。
測定室で写真撮影の許可を頂き、Yさんと撮影大会になってしまいました。。。

Misocro_3.jpg

MisoCro_2.jpg


丁寧にGeの説明もしてくださいます。
二人で興味津々です。

もうただただ感動。

ご説明を頂いたあとはまた写真撮影をしたり、ご好意によりGeを実際に触らせていただいたりしてまた感動。

と、測定器をいつまでも穴が空くほどじーっと見つめる2人に「では詰めてみましょう」と、お声かけくださいます。


早速、Ge用のマリネリを使い詰めていきます。


MisoGeM_1.jpg


おぉー!マリネリの形状がちがーう‼︎

いつものように詰めておりますと、当然散らかる散らかる(。-_-。)

本当にすみません。

Yさんはその辺りを心得ていらしてすかさず片付けに回ってくださいました。

「マリネリがウチのよりチョット柔らかい感じがするから壊さないでね〜」

Yさん、さすがですね!
マリネリ詰めで汗だくなAの汗まで拭ってくださいました。

(oh、、、´д` ;)


備品を壊すなど失礼すぎますから、慎重に作業をすすめます^ ^
(とか言いつつで内心ドキドキしてました。→内緒ですけどね^ ^)


MisoGeM_2.jpg


完成しました!初めての場所で詰めるのは緊張しますね。。。


マリネリ 完成


なんと‼︎測定器にマリネリをセットまでやってよいと〜。では失礼しまーす!


MisoSet.jpg


「嬉しいーーー!」

検体重量、測定時間を入力までさせて頂き測定開始〜。


MisoAbe.jpg


測定終了まで測定所にいらしていたもうお一方と4人で測定についてお話したり、スペクトルの見方などGeによる測定結果のお話など、じっくり教えて頂いたりして貴重な時間を過ごします。


MisoPC.jpg


楽しく有意義な時間はあっと言う間に過ぎていき無事測定は終了。結果のご説明を受けて、帰宅の途に着いたのでした。

実際に見てみる。やってみる。ってこれからも大切にしたいなーと思います(^-^)

新宿代々木市民測定所の桑野さんには貴重な経験と豊富な知識を惜しげも無くお教えくださり大変勉強になりました。ありがとうございました!


気になる測定結果です↓

Ge-IB-140618-1.jpg


お味噌パウダーは約2倍濃縮ですから、

濃縮前に換算すると、
Cs-137  1.05 Bq/kg (相対誤差19%)
Cs-134 0.315 Bq/kg (相対誤差27%)

「う、うーん。なるほど( ; ; )」

ycrmsの分析ツールでもこの結果くらいのピークは確認できているのですねー!

では、この結果を持ってお味噌の販売元へお問い合わせをもう一度してみる事に致しました。


こちらは
「お味噌パウダー?〜それで結局どうだったの編〜」にてお伝えすることにいたしましょう。

ではでは^ ^。

レポート | 15:30:05 | コメント(0)
一般 「お味噌のパウダー?〜検体濃縮編〜」
みなさまー^ ^ ジメジメした梅雨もやっと終わりに近づき暑い夏がやって来ましたねー!

そして子供たちは夏休み(*^_^*)。お仕事も少しお休み取れたし、ゆっくりしようかなー?と思います!


今回の検体は「お味噌」。

お味噌って我が家でも常備しておりますし気になるところです。


いつものように近所のスーパーでお買い物をしていてふと目に止まったこのお味噌。


IA-140524-1_1 お味噌そのまま

IB-140618-1_2 お味噌パウダー


15年くらい前に友達と仙台七夕祭りを見に行って楽しかったなーとか思い出しちゃったりして。o(^▽^)o

はて、このお味噌は測定したらどうなんだろうと早速購入します。


お味噌をマリネリに詰めていくのですがマリネリに空隙なく詰めるのは結構難しいんですよ。

最初の一回目はマリネリの底を覆って2〜3㌢、多めに入れていきます。後はおたまに一杯くらいずつ入れてマリネリを回しながらお味噌をなでるように入れていくと上手に詰めていけるような気がします^ ^


MisoMari.jpg


結果はこちら↓

測定日:2014.5.24

重量:1209g

測定時間:7200秒

Cs-137 ND(<1.39)
Cs-134 ND(<1.33)


ん?こちらのお味噌はH22年道産青森県の大豆とアメリカ産大豆を使用しておられるとのことです。

Cs-134 Cs-137共に定量は出来ないもののycrmsの分析ツールを見てみますと、どうもCs-134 Cs-137のピークが見てとれます。

この結果に納得出来ないAは濃縮してみることにしたのです。

が、(´・Д・)」

お味噌の濃縮を始めましたが元々水分の少ないお味噌。

これが意外と大変でした。。。


まずは測定室のグリルを使用し検体の処理を開始〜(o^^o)
測定員Yさんと他の作業に没頭するうちになんと。涙目


Miso_K.jpg



またです!また測定室に焦げ臭いとか煙が立ち込めてしまいました。慌ててYさんが換気をしてくださいます。。。

こうなったら検体を同じ状態に処理するしかありません。

しかしこれ以上は測定室での濃縮作業は無理と判断し自宅で作業をすること数時間。
(測定室は温度、湿度の管理も大切なんです^^;)


MisoKata.jpg


自宅ではここまで。↑

さらに測定室のミルを使用しやっとパウダーになれました〜♪
お味噌のパウダーはコーヒーと同じ匂いがしました^ ^ ふふふ。


Miso_M.jpg



これで、やっと再測定が出来ますσ(^_^;)


測定日:2014.6.18

測定時間:10800秒

重量:1067g

Cs-137 ND(<0.80)
Cs-134 2.04±1.02 Bq/kg


2回目も定量出来ませんでした。

今回の濃縮作業では約2倍濃縮でパウダー状になったのですが、マリネリに詰めることが出来たのは1067g

濃縮が足りなかったのかなー。

検体処理はむつかしいですねぇ。

Yさんと頑張ってお味噌は綺麗にパウダー状になりました。そこでYさんよりGeでクロスチェックに出してみようとお声かけを頂きます。

なんと!NPO法人新宿代々木市民測定所さんでGeでクロスチェックをお願いする事になりました。


この結果は「お味噌パウダー?〜Geでクロスチェック編〜」で、お伝えしますね〜(o^^o)
どうぞお楽しみに!


また、今回はこの濃縮作業に関し秋田放射能測定室「べぐれでねが」めたぼさんよりアドバイスを頂きました。この場をお借りして御礼申し上げますm(_ _)m


☆検体募集のお願い☆
菌床しいたけ、OKストア食材の検体を集中的に測定を予定しております。測定料金は無料です!検体代・送料はご負担をお願いします。ご協力頂ける方は予約フォームよりお申し込みくださいませo(^▽^)o 
検体量の目安はこちら↓
http://www.ycrms.net/kentairyou

レポート | 15:26:47 | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。